大学紹介  
   
  開講コース  
   
  費用・奨学金  
   
  出願方法  
   
   
   
  短期留学コース  
   
  留学生サポート  
   
  学生の声  
   
  日本事務局
(お問合せ・資料請求)
 
   
     
   
     
 
University of Leicester, UK  
 
英国レスター大学日本事務局   
   
  学生の声  
     
【Top】 【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】  
Mika FUKUSHI (Art Museum and Gallery Studies MA)
Tomoko HOYA (Urban History MA)
     
◆Mika FUKUSHI (Art Museum and Gallery Studies MA)
     

2018/2019年度のArt Gallery and Museum Studies の修士課程のコースに通うべく、こちらの日本事務局にお世話になりました。行く前はとても不安で、細かい生活のことや金銭についても、かなり相談に乗っていただくことができ、とても心強かったのを覚えています。同じ時期に留学される方の連絡先なども、こちらを経由して教えていただくこともでき渡航直後はとても助かりました。

レスター大学に留学してよかったことはたくさんあります。まずpre-sessionalのStudy Skills(二週間コース)を受講したのですが、英語で論文を一度も書いたことのない私にとっては、大変必要な授業でした。論文の書き方や、引用文の書き方、論文で使う単語などを二週間で叩き込まれます。これはエージェントの福元さんに勧められて取ったのですが、取ってよかったです。アジア人が多いコースですが、ここで知り合いを作っておいたのも後の助けになりました。

Art museum and gallery studiesのコースでは同期の方々がとてもやる気があり、皆情報量も多く、行動的で、刺激を受けることができました。ロンドンにも、有名な博物館学の大学院は多くあるとは思いますが、何せ留学初心者、海外初心者の私にとっては、コースでも、課題でも、語学コースでも、手続きや寮生活に関してもかなり手取り足取りに手厚く大学側にサポートをしていただけたので大変助かりました。例えば、私のコースでは、語学コースが本コースと連携しているので、課題のサポートをしっかりしてくれて、課題提出前に事前チェックも行ってくれるので、大変助かりました。また、教授陣もサポート体制がしっかりしていて、質問や課題についてのアドバイスなど、細かく指導していただけました。 そして、修論を書き終えて、インターンを終えようとしている今、英語力に関しても、専門性に関しても、かなり伸びたように実感しています。個人差はもちろんあると思いますが、他大学でよく聞く、入るまでは手厚かったが入ってから手厚く無くなった、というのが全くなく、卒業してからも連絡を取り続けてくれる教員も多いことからも、サポート体制は抜群だと思います。ただ、とても課題が短期間で出され、そして私のコースではインターンが単位のうちに入っているので、急ピッチで修士論文を書き上げたのでとても忙しかったのですが、その忙しさも実力の伸びにつながったような気がしています。

次に、レスターという街ですが、本当に小さな場所だと思います。そして、ロンドンまで遠かったり(75分)と、不便ではありますが、学位を取る目的なら、むしろその方がよかったと感じています。こちらの大学院は課題が多いので、多くの場合、家と学校と図書館の往復になるので、家賃が比較的安価なレスターを選ぶのは得策のような気もします。そしてその小ささから、出会った人とは濃い付き合いになることが多く、日本人会で知り合った方と日本に戻ってからも会ったり、出会った現地の方と口コミでギャラリーのボランティアの機会を得たりと、とにかく深い付き合いになりやすいところが良さだと思います。

寮生活で、こちらでアドバイス頂いた通り、女子寮、院生以上の学生希望と書いたのが本当によかったと感じています。他のフラットと違って、とても静かで、綺麗で、かつフラットメートともいい距離感のいいフラットに住めました。Nixon Courtというところに住んでいたのですが、Opal courtのシングルと比べると部屋は少し広めで、シャワー室などに清掃の方が週一回きてくれるので、清潔に過ごせました。そしてコンロが二台あったり冷蔵庫と冷凍庫が別であったり、シンクが二台あったりと、キッチンの設備も広々としていました。 そして持ち物ですが、日用品は全て近くの大型スーパーやwilkoという格安の日用品店で揃えることができます。一つ後悔しているのは、日用品は詰めずに、もっと日本の食材や調味料を持ってくるべきでした!(近くに中国スーパーがあるのですが、日本のブランドの酒や味噌、醤油、みりんは手に入りませんでした。) と、細かく生活面のことを書きましたが、コース内容も含めて、総じてかけがえのない良い経験になりました。大学選びなど、数あるものから選ぶのはとても大変だと思いますが、ぜひ自分に合ったものを選んでみてください。この留学に関してサポートしてくださった福元様、本当にありがとうございました。

     
◆Tomoko HOYA (Urban History MA)
     

私は2018年から2019年にかけて、Urban History MAコースで学びました。  大学への出願は留学前年の2017年の夏前から始め、年内の12月には大学から正式にUnconditional Offerの連絡がありました。出願にあたっては、必要な書類を揃えたり、CVやPersonal Statementの作成等、慣れないことも多かったですが、こちらの日本事務局の福元さんの手厚いサポートでスムーズに願書等を提出することができました。また日本事務局には、その後の学生ビザ取得の際にも相談にのっていただき、安心して手続をすることができました。本当に感謝しています。  

大学の新学期は9月の最終週に始まりますが、私は福元さんの勧めもありStudy Skills CourseというPre-sessional Courseを学期前に受講しました。コースの目的は主に英語で論文を執筆するための基礎固めですが、その一環で図書館データベースの使い方やオンラインでの課題提出方法など、その後の大学生活で必要な事も学べるなど、留学生にはオススメです。寮にも少し早く入寮することができますし、新しい環境での生活を余裕を持って始めることができる、と言う点も、このコースの大きな利点かと思います。  

私が専攻したUrban History MAは、授業自体はHistory MAとUrban Conservation MAの学生と一緒に授業を受けることが多かったです。どちらのコースも他学科に比べると人数が少ないようで、必然的に授業は少人数、毎回何かしら発言を求められるため、予習が欠かせませんでした。授業の初めにReading Listが配布され、毎回の授業で読むべき本や論文が提示されます。これがかなりの量で、毎回授業の直前まで予習をしていました。授業評価の方法はほとんどがレポート(3,000~4,000 words)でしたが、筆記試験が1回、その他にポスタープレゼンテーション、グループプレゼンテーションなどもありました。特にプレゼンテーションの評価は厳しく、発表内容はもちろんですが、スライドの見やすさ、資料提示の方法、質疑応答の姿勢など細かく指導があり、現地の学生でもかなり苦労していました。春学期には通常の授業に加えて数回フィールドトリップの機会があり、レスターから少し離れた都市にも電車で訪れ、現地で重要な建築物などを教員や現地のボランティアガイドの方と一緒に見学する機会もありました。  

授業以外の生活では、大学のスポーツセンターをよく利用しました。スポーツセンターは有料ですが、様々なトレーニングマシンやプール、サウナ、ジャグジーなどを自由に使う事ができます。会費は年払いや都度払いなど選べるので、一度は使ってみることをお勧めします。私は大学のクラブではないですが、センター利用者向けのランニングクラブに参加し、毎週1回、おしゃべりをしながら1時間程度レスター市街を走っていました。メンバーの方々には夏に自宅でのBBQに呼んでもらったりと、学生生活とはまた少し違った人間関係を築くことができました。皆さんとは今でも連絡を取り合っています。  

他に、アルバイトも経験しました。6月から9月にかけては大学院の授業はなく、指導教員との面談と修士論文の執筆だけとなるので、空き時間をレスター大学の学寮の清掃・管理のアルバイトに当てました。留学生が現地でアルバイトを探すのは大変だと聞きますが、大学が窓口となるアルバイト紹介のサイトがあり、そこから比較的簡単に仕事を探すことができます。給与の支払い元も大学なので安心して働くことができると思います。特に留学生向けの仕事、というわけではないので苦労したこともありますが、いい経験になりました。  

最後になりますが、レスターはとてもいいところです。ロンドンのような大都市とは違いますが、思い出に残っているところがたくさんあります。よく歩いたNew Walk、花火を見に行ったAbbey Park、週末サッカー観戦に行ったKing Power Stadium、よくランニングをしたVictoria Park、などなど。留学本番までレスターを訪れた事はなく不安もありましたが、ここで出会えた友人たちともたくさんの思い出を作ることができ、今ではレスターに決めて本当に良かったと思っています。イギリス留学をお考えの皆さん、ぜひレスター大学を一つの選択肢として検討してみてください。