大学紹介  
   
  開講コース  
   
  費用・奨学金  
   
  出願方法  
   
   
   
  短期留学コース  
   
  留学生サポート  
   
  学生の声  
   
  日本事務局
(お問合せ・資料請求)
 
   
     
   
     
 
University of Leicester, UK  
 
英国レスター大学日本事務局   
   
  学生の声  
     
【Top】    【1】    【2】    【3】    【4】   【5】  
Daisuke UMEMOTO (LLM)
Kyoko WATANABE (MSc Bioinformatics)
     
◆Daisuke UMEMOTO (LLM)
     

私は、2013年から2014年にかけて、レスター大学の法学修士(LLM)コースに参加しました。他と比較したわけではありませんが、レスター大学LLMの魅力を挙げれば、少人数教育であることと、先生方が非常に親切なことではないかと思います。

まず、LLM参加者の人数ですが、私が在籍していた2013-2014年は、およそ50人~60人程度だったように思います。ほぼ全員と顔見知りになる規模で、アットホームな雰囲気でした。授業も、受講者が少ない科目は5、6人程度しかおらず、必修を除けば多くてもせいぜい20人程度であり、先生との距離も近く、発言の機会も多かったです。当初は、少人数で議論になるとおいていかれてしまうのでは、と思って身構えていましたが、LLM参加者の9割以上が英語圏外からの留学生であり、必ずしも皆が流暢に英語を話すわけではなかったので、議論が早すぎて理解に困るといったことはそれほどありませんでした(むしろ互いのアクセントの問題で理解に困ることはよくありましたが…)。2013-2014のLLM参加者は、中国、中東、中央アジア等、欧州外から来ている人が多く、自国の法曹資格を持っている人が3分の1程度だったように思います。日本人は私だけでしたので、授業の内外を問わず、日本のことは結構よく聞かれました。

次に、LLMの先生方は非常に教育熱心で、授業はプレゼンテーションとしてかなり工夫されたものが多かったように思います。授業でわからない点はメールで質問すれば詳しく教えてくれましたし、正式に受講していない授業でも、参加したいと言えば快く聴講させてくれました。修士論文を書く際も、ドラフトを見せて面談するたびに丁寧なフィードバックがもらえました。求めればいくらでも応えてくれそうな、親切な先生が多かったように思います。また、コース参加者もフレンドリーな人が多く、集まって一緒に予習をしたのもいい思い出です。お酒を飲まない人が多かったのは残念でしたが…。

今から振り返ると、レスター大学は非常に馴染みやすい大学だったように思います。レスターという街自体が多文化的で、いろんな人を寛容に受け入れる雰囲気がありましたが、レスター大学にもそういった寛容さの文化が根底にあるように感じられました。レスターで一年を過ごせたことにとても満足しています。

なお、蛇足ではありますが、ヨーロッパ各地の大学では、夏休みに英語で参加できるサマースクールをやっているので、余裕があれば他国の大学に行ってみるのも楽しいと思います。私はドイツのハノーファー大学のIT Lawコースに参加しましたが、レスター大学とはまた違った雰囲気があり、さらに多くの人と知り合えて面白かったです。

     
Kyoko WATANABE (MSc Bioinformatics)
     
私は2015年1月から12月まで、レスター大学のMSc in Bioinformaticsで勉強をしていました。留学を決めた一番のきっかけは、専攻のBioinformaticsが日本ではあまり発展していないこと、また海外での学位取得にずっと興味があったことです。レスター大学の存在は、学部時代の大学と交換留学の協定があったことから知っていましたが、最終的にレスターに決めたのは、修士課程の授業内容、学生サポートの充実、また比較的小さく学生に優しい地域であったことです。同じ分野の修士課程はイギリス中の大学にたくさん存在しますが、一つ一つコースの内容や、特にtaught masterは研究の比重が異なってきます。もちろん授業料の違いもありますし、Bioinformaticsの場合、Linux OSでの操作が必須なのでノートパソコンの支給があるかどうかなども決め手の一つとなりました。海外に行くのが初めてだった私にとって、大学の出願やビザの申請、また出発準備まで、レスター大学日本事務所の福元さんのサポートは必要不可欠なものでした。すでにレスターにいる日本人学生を紹介していただいていたため、到着後すぐに必要なものの買い物や町の散策など、一人で不安になることなく過ごすことができました。

1年間の修士課程なので、終わってしまえばあっという間でしたが、内容が詰まっていてとても忙しい1年でした。最初の5か月は毎日授業があり、また毎週1つ以上の課題があったので、毎日夜遅くまで図書館でレポート作成やプログラミングに追われましたが、クラスメートと勉強会を開いたり、お互い苦手な分野を助け合いながら、忙しくも楽しく勉強をしていました。私の修士課程はGroup Research ProjectとIndependent Research Projectの二つがあり、コースワークとは異なり、自主性が求められます。データの取得から必要なソフトウェアやライブラリの選出、解析方法のリサーチ、プログラミングまですべて自分で調べ、開発しました。これは今後博士課程に進学する私にとってはとても貴重な経験でした。

幸いにもクラスメートに恵まれ、時間のある時はホームパーティーをしたり、ピクニックに行ったりしました。今では、とても住みやすく、たくさん思い出の詰まったレスターがとても恋しいです。イギリスは天気が悪い、食事がおいしくないなどと出発前は思っていましたが、住めば都で、特に不自由なく生活できます。歩ける範囲にスーパーやショッピングモール、レストラン、ファストフード店などがあるので、必要なものはすぐに揃います。とってもマルチカルチャーな地域で、ヨーロッパで唯一白人がマイノリティーといわれるほどです。そのため友達も国際色 豊かで、たくさんの文化に触れられた一年でした。

1年間という短い間でしたが、今後の博士課程につながる知識とスキルアップを十分にできた大学院留学となりました。今までにないとても充実した1年を過ごせ、将来につながる良い経験になったと思っています。出願以前よりサポートいただいた方々、またレスターでであったすべての方に感謝しています。